ブログカテゴリ:相続法務



1月 16日, 2020年
今回の民法の相続法制改正にあわせて、遺産分割前の預金払戻し(民法909条の2)とは別に、家事事件手続法において、「預貯金債権の仮分割の仮処分」という手続きの要件が緩和され、利用しやすくなってています。
1月 06日, 2020年
今回の民法の相続法制改正により、遺産分割前にも預貯金債権のうち一定額については、家庭裁判所の手続きを経ることなく、金融機関での払戻しができるようになりました(民法909条の2)。

12月 20日, 2019年
今回の民法の相続法制改正により、特別受益の持戻し免除の意思表示の推定規定が設けられました(改正後民法903条4項)。具体的な事例で改正でどう変わったかをご説明します。
12月 09日, 2019年
今回の民歩の相続法制改正により、特別受益の持戻し免除の意思表示の推定規定が設けられました(改正後民法903条4項)。婚姻期間が20年以上の夫婦の一方が、他方に対し、その居住用建物又はその敷地を遺贈又は贈与した場合には、民法第903条第3項の「持戻しの免除」の意思表示があったものと推定する規定です。

10月 30日, 2019年
配偶者が被相続人の建物に相続開始時に無償で居住していた場合に、被相続人が居住建物を第三者に遺贈したときや、配偶者が相続放棄をしたときなど、配偶者が居住建物の遺産分割に関与しないときは、配偶者は、居住建物の所有権を相続又は遺贈により取得した者に対し、配偶者短期居住権を有することになります。
9月 30日, 2019年
民法(相続法制)改正の目玉の一つが、配偶者居住権、配偶者短期居住権の新設です。これらは、残された配偶者の居住権を保護するための権利、制度です。 施行日は2020年4月1日(R2.4.1)となっております。今回は前回の続きで、配偶者短期居住権についての説明です。

9月 20日, 2019年
民法(相続法制)改正の目玉の一つが、配偶者居住権、配偶者短期居住権の新設です。これらは、残された配偶者の居住権を保護するための権利、制度です。 施行日は2020年4月1日(R2.4.1)となっております。今回は前回の続きで、配偶者居住権についての説明です。
9月 12日, 2019年
民法(相続法制)改正の目玉の一つが、配偶者居住権、配偶者短期居住権の新設です。これらは、残された配偶者の居住権を保護するための権利、制度です。 施行日は2020年4月1日(R2.4.1)となっております。今回はまず、配偶者居住権について説明をしていきます。

9月 05日, 2019年
一般に、甲が死亡し、その相続人である乙 が甲からの相続について承認又は放棄をしないで死亡し、丙が乙の相続人となるような相続を「再転相続」といいますが、今回の最高裁令和元年8月9日判決は、再転相続の場合の熟慮期間の起算点に関して判断した初めてのものとなります。
8月 02日, 2019年
限定承認をした場合、相続税以外にも、みなし譲渡による所得税が発生することがあります。実は、限定承認に伴うみなし譲渡の規定は、相続人にとって単純に負担が増加するもの、というわけではありません。むしろ、基本的には、相続人のための規定なのです。

さらに表示する