ブログカテゴリ:相続法務



10月 30日, 2019年
配偶者が被相続人の建物に相続開始時に無償で居住していた場合に、被相続人が居住建物を第三者に遺贈したときや、配偶者が相続放棄をしたときなど、配偶者が居住建物の遺産分割に関与しないときは、配偶者は、居住建物の所有権を相続又は遺贈により取得した者に対し、配偶者短期居住権を有することになります。
9月 30日, 2019年
民法(相続法制)改正の目玉の一つが、配偶者居住権、配偶者短期居住権の新設です。これらは、残された配偶者の居住権を保護するための権利、制度です。 施行日は2020年4月1日(R2.4.1)となっております。今回は前回の続きで、配偶者短期居住権についての説明です。

9月 20日, 2019年
民法(相続法制)改正の目玉の一つが、配偶者居住権、配偶者短期居住権の新設です。これらは、残された配偶者の居住権を保護するための権利、制度です。 施行日は2020年4月1日(R2.4.1)となっております。今回は前回の続きで、配偶者居住権についての説明です。
9月 12日, 2019年
民法(相続法制)改正の目玉の一つが、配偶者居住権、配偶者短期居住権の新設です。これらは、残された配偶者の居住権を保護するための権利、制度です。 施行日は2020年4月1日(R2.4.1)となっております。今回はまず、配偶者居住権について説明をしていきます。

9月 05日, 2019年
一般に、甲が死亡し、その相続人である乙 が甲からの相続について承認又は放棄をしないで死亡し、丙が乙の相続人となるような相続を「再転相続」といいますが、今回の最高裁令和元年8月9日判決は、再転相続の場合の熟慮期間の起算点に関して判断した初めてのものとなります。
8月 02日, 2019年
限定承認をした場合、相続税以外にも、みなし譲渡による所得税が発生することがあります。実は、限定承認に伴うみなし譲渡の規定は、相続人にとって単純に負担が増加するもの、というわけではありません。むしろ、基本的には、相続人のための規定なのです。

7月 16日, 2019年
限定承認をした場合、相続税以外にも、みなし譲渡による所得税が発生することがあります。実は、限定承認に伴うみなし譲渡の規定は、相続人にとって単純に負担が増加するもの、というわけではありません。むしろ、基本的には、相続人のための規定なのです。
7月 08日, 2019年
最近、限定承認に関するご相談が立て続けにありました。そこで、いくつか、限定承認に関する記事を書いておこうと思います。

7月 03日, 2019年
本年7月1日から、相続に関する民法改正の大部分が施行されております!
6月 12日, 2019年
行政事件訴訟法33条に関する判決(東京地裁平成30年1月24日判決)のご紹介の続きです。

さらに表示する