年末年始の休業のお知らせ
12月 23日, 2020年
当事務所は令和2年12月29日(火)~令和3年1月5日(火)の間を休業とさせていただきます。
12月 14日, 2020年
ある会社のカフェテリアプランに、財形貯蓄補助金メニューが含まれており換金性があるため、プラン全ての経済的利益が課税対象になるとして、税務署がした源泉所得税等の納税告知処分を取り消した国税不服審判所の裁決(令和2年1月20日)についての説明の続きです。

12月 07日, 2020年
ある会社のカフェテリアプランに、財形貯蓄補助金メニューが含まれており換金性があるため、プラン全ての経済的利益が課税対象になるとして、税務署が行った源泉所得税等の納税告知処分を取り消した国税不服審判所の裁決(令和2年1月20日)をご紹介します。
11月 27日, 2020年
法務局での自筆証書遺言の保管制度が令和2年7月10日より開始しています。実際に利用された方はどのくらいおられるのか、気になるところです。

11月 26日, 2020年
電子署名(電子署名法などの法的な根拠に基づくもの)、電子印鑑(電子決裁) には二段の推定が働くのかについてご説明します。
11月 18日, 2020年
ハンコによる押印には、確定的に意思表示をするという機能、実印であれば本人確認の機能があるといえますが、もう一つ重要な機能、それは、私文書の作成者の押印があれば、民事訴訟法228条4項に基づいて、その私文書が「真正に成立したものと推定する」機能があります。

11月 10日, 2020年
コロナウイルスの関係で、脱ハンコ、ハンコ廃止(ハンコレス)が声高に叫ばれていますが、どういった場面でのハンコ使用の話なのか、きちんと前提が整理されないまま報道されていることが多いように思いましたので、ざっくり整理します。
10月 14日, 2020年
民法改正前に作成されていた遺言書に、民法改正によって遺留分についてどのような影響が出るのかについて、書きました。

10月 06日, 2020年
今回の民法改正により、改正前の「遺留分減殺請求」は、「遺留分侵害額請求」に変わりました。どう変わったのか、その実務上の影響について、ご説明します。
9月 07日, 2020年
本日は、破産した貸金業者が過去に受領した制限超過利息(過払金)の不当利得返還請求権に係る破産債権が、破産手続において確定したとしても、利息受領時の事業年度に遡って益金の額を減額することは、公正処理基準に従ったものということはできず、更正の請求は要件を満たさないとして、国を逆転勝訴させた最高裁令和2年7月2日判決の紹介です。

さらに表示する