7月 16日, 2019年
限定承認をした場合、相続税以外にも、みなし譲渡による所得税が発生することがあります。実は、限定承認に伴うみなし譲渡の規定は、相続人にとって単純に負担が増加するもの、というわけではありません。むしろ、基本的には、相続人のための規定なのです。
7月 08日, 2019年
最近、限定承認に関するご相談が立て続けにありました。そこで、いくつか、限定承認に関する記事を書いておこうと思います。

7月 03日, 2019年
本年7月1日から、相続に関する民法改正の大部分が施行されております!
6月 12日, 2019年
行政事件訴訟法33条に関する判決(東京地裁平成30年1月24日判決)のご紹介の続きです。

6月 05日, 2019年
本日は、行政事件訴訟法33条に関する判決(東京地裁平成30年1月24日判決)をご紹介します。この条文は取り消された処分と同一事情の基で同一の理由に基づいて同一内容の処分を行うことを防ぐための条文です。
4月 23日, 2019年
インターネット公売や官公庁オークションを、利用されたことがありますか?官公庁から、土地、建物といった不動産から、車、バイクその他ホビーの品々まで色々な物がオークションに出品されています。

3月 27日, 2019年
「納税告知処分が行われた時までに、本件債務免除により生じた経済的成果がその無効であることに基因して失われた旨の主張をして」いないとして、納税者は今回の最高裁判決によっては救済されなかったわけですが、もう少し場面を広げて一般的に、課税処分後に経済的効果を消失させることで救済が得られる余地がないのか、通則法23条に基づく更正の請求という制度が利用できるのではないかについて、書いてみました。
2月 28日, 2019年
一般的には、路線価といえば、国税局長が決めて国税庁が発表する路線価のことを指し、相続税等に関する財産の評価額の算定に用いられますが、固定資産税にも路線価が存在することはご存じでしょうか。

2月 20日, 2019年
最高裁(第三小法廷平成30年9月25日判決)は広島高裁の判断を覆して、以下のように判断し、法定納期限を経過した後も、原因となった行為の錯誤無効を主張して処分の適否を争うことができるものと判断しました。
2月 08日, 2019年
本日は、税金の法定納期限の経過後も、原因となった行為の錯誤無効の主張をして課税処分を争うことができることを明確にした最高裁第三小法廷平成30年9月25日判決を紹介します。

さらに表示する