「税理士先生向け」の不服申立サポートサービスもおこなっています!

税理士先生の顧問先に対して税務署の処分がされた場合、顧問先との関係や、自ら代理人としての経験を積みたいなどの理由で、税理士先生が不服申立ての代理人となることも多いですが、

税務書類は得意だけれども、文献や判例の分析をしたり、法律的・裁判的な書類を綿密に作成するのは、手間だ、時間がかかりそう、あまり自信がない

などといった不安はありませんか?

 

税理士先生向けのサービスの種類と内容

当事務所では、上記のような不安を抱えておられる代理人の税理士先生をサポートするために、「税理士先生との打合せ(面談、電話等)」「記録の検討」「文献・判例の調査・分析」をした上で、

  1. 税理士先生が作成した不服申立てに関する提出書類の内容を確認し、必要に応じて加除訂正し、ワードで書面を納入したり、
  2. 税理士先生が主張したい箇条書きで記載した書面をもとに、ワードで提出書面の案を納入したり、
  3. 不服申立ての進め方・戦略や、税務署・国税不服審判所からの要求に対する対応について、ご相談に応じ、助言したり、

いろいろな形でのサポートが可能です。

税理士先生の顧問先に対しては当事務所・弁護士が全く表に出ない形で、税理士先生が代理人として不服申立てをして頂くことも可能です。

 

また、当事務所が代理人となるものではありませんので、遠方の税理士事務所からのご相談・ご依頼でもお受けしております! 

 

税理士先生向けのサポートサービスの費用について

税理士先生から頂く費用については、

  • 着手金・報酬方式
  • 時間制報酬(タイムチャージ)と一部成功報酬との組み合わせ
  • 書面ごとの手数料と一部成功報酬との組み合わせ

など、ご要望をふまえて柔軟に対応をいたします。お話を聞いた上でお見積もりさせて頂きます。

「できれば弁護士にも手伝って欲しいけど費用が心配だな」とお思いの税理士の先生もいらっしゃるかもしれませんが、当事務所が代理人となるものではありませんので、代理人となる場合の弁護士費用に比べれば低くなるように設定いたしますので、まずはご相談下さい。