慰謝料の相場について

 
日本の裁判所で認められる金額は、一般の方が想像するより低い!


 芸能人など、多額の資産と支払い能力を有する場合については、1000万円を超えるような慰謝料が認められる可能性はあるが、一般には、「長年連れ添った夫婦の熟年離婚の場合で、一方に明確な責任があるケース」であっても、300万円から高くても500万円までとなるケースがほとんど。300万円以下が多くを占め、500万円を超えるのはごく一部。

高額化を狙う方法について

  1. 裁判の際に、以下の考慮要素を意識した主張や立証を行う。
    【慰謝料の額を決定するに当たり考慮される要素】

    婚姻期間、有責性の高低、未成年子の有無、有責配偶者の支払能力、無責配偶者の収入・資力、財産分与による慰謝料補填の有無等

  2. 裁判所の相場よりも高い金額を望むなら、協議離婚(調停離婚)の成立を優先的に考える。離婚までに要する時間や離婚までの婚姻費用などを材料に、交渉で裁判よりも高額の慰謝料について合意を引き出す。
     もっとも、他に財産分与等で深刻な争いがある場合や不倫などの事実関係を否認している場合は、協議離婚(調停離婚)の成立は難しい。

  3. 相手方配偶者に傷害・障害を負わされたなど、明らかな不法行為となる離婚原因がある場合、離婚裁判とは別に損害賠償請求裁判を起こし、離婚自体慰謝料とは別に、独立した離婚原因慰謝料を取ることによって慰謝料の高額化を狙うことができる場合がある