年金分割制度の種類・概要について

  • 年金分割には2種類ある
  1. 合意分割(H19.4以降の離婚に適用あり)
    分割対象期間:婚姻期間全期間
  2. 3号分割(H20.5以降の離婚に適用あり)
    
分割対象期間:平成20年4月以降の期間
    
※国民年金の3号被保険者(サラリーマン等の2号被保険者に扶養されている配偶者として届け出されている者)のみ分割請求ができる
  • 合意分割と3号分割の両方の請求ができるときは、まず3号分割が適用され、その後の保険料納付記録(標準報酬)について合意分割をする
  • 合意(離婚)分割と3号分割の比較については、厚生労働省のHPを参照
  • 分割の請求は離婚後速やかに!いずれの分割も、離婚の翌日から2年以内に分割の請求をしないとできなくなる。
    
 なお、離婚の翌日から2年以内に合意分割の按分割合に関する調停・審判・裁判を申し立てておけば、按分割合を定めた調停成立や審判・判決確定の日の翌日から1ヶ月の間(期間が短いので要注意)に分割の請求をすることができる。
  • たとえば、按分割合を0.5とする年金分割がされた場合、夫の年金の減少額と妻の年金の増加額が等しくなることも当然あるが、夫の年金の減少額ほど妻の年金の額が増えないケース(総額では減少する場合)もあることに注意

    Q 妻は自分自身では年金受給資格期間(※)を満たしていないが、年金分割によって、婚姻期間中の夫の年金支払期間を加算して、分割後の年金を受け取ることができる?

    A いいえ、年金分割を受けても、それによって妻の年金受給に必要な期間が満たされるわけではなく(資格がなければそもそも年金がもらえない)、このような場合に年金分割の手続きをしたとしても、妻は年金を受け取れない。
    

※年金受給資格期間
:現在は、25年=300月(原則)だが、平成27年10月からは消費税増税の時期にあわせて10年=120月に短縮される予定